内視鏡

⇒ホームページ

当院の内視鏡検査についてご紹介いたします。

【1】上部消化管内視鏡検査

いわゆる胃カメラ検査のことです。

当院では、細いところで直径5mmちょっとのスコープを使っています。オリンパス社製の最新型になります。以前は径約10mmのスコープでもっぱら口から検査していましたが、約半分の太さになったスコープで口からはもとより、鼻から検査できるようになりました。

口の奥の舌根部という箇所をものが触れると反射(嘔吐反射といいます)で“オエッ”と嗚咽するようになっています。わざと指を口の奥に差し込んで、吐き戻した経験はないですか?あの状況です。ところが、鼻から検査する際、この舌根部に触れる機会がグンと少なくなるため、特に反射(先ほどの嘔吐反射)が強い方にとっては楽に検査を終えることが可能なわけです。検査中に会話も可能で、当院では リアルタイムでモニターを見てもらいながら疑問な点はその都度質問してもらっています。

ただし、鼻炎持ちの方や過去に鼻を外傷され鼻腔が狭くなっている方は鼻から検査することはできません。その場合は口からということになります。口から検査する場合でもスコープが細径ですので、以前のカメラスコープに比較しても楽に検査していただいております。また当院では口からの場合でもできるだけ楽に検査を受けていただけるように色々工夫しております。カメラが舌根部に触れにくい経路(企業秘密)を行くやり方だとか、鎮静剤を投与したりなどです。鎮静剤を使用した場合は検査終了後約1時間は当院処置室ベッド上で安静にしていただく必要があります。

【2】下部消化管内視鏡検査

上部から下部とくれば腸ですよね。いわゆる大腸カメラ検査のことです。

当院ではオリンパス社製最新のスコープを使用しています。従来型に比較して細く柔らかくできる限り楽に検査していただける仕様です。

当院では検査当日、朝一番で来院していただき、控室(個室、前処置室)で腸管洗浄剤を約1Lお水と一緒に飲んでもらい、便が透明(残渣がない、固形物がない)になれば検査へと進みます。

当院では“沖縄から進行大腸がんを撲滅する”ことを理念に掲げています。そのためには沢山の方々に検査を受けていただく必要があります。よってできる限り楽に安全に検査を受けていただけるように様々な工夫をしています。

挿入法ですが、自己流ではなく二木会流を基本として独自にアレンジしています。残念ながら完成形ではなく発展途上ではありますが、お受け頂ければ違いをご理解いただけると思います。二木会については検索してください。

胃カメラと違って、ルチーンで鎮静剤を用いて楽に検査を受けられます。検査後は約1時間は当院処置室ベッド上で安静にしていただく必要があります。

胃カメラと同様、光学的に色のコントラストを付け(NBIといいます)病変の見逃しを防いでいます。

広告